30代の恋が分からない

ハイスクール卒業後、塾に通っている時に仲良くなった個々と今でも気安くしています。
身はカレッジの時間から付き合っていた家内と以前に結婚式し、今では二児のマミーです。
彼女は仕事をしながら家内とお交際をしているのですが、数日前に「30代の異性が分からないから相談に乗ってほしいんだけど」と、ラインが入りました。
ラインを見た際、身は20代で結婚したから30代の異性ってしてないよ!私の結婚、出たじゃない!って突っ込みを入れてしまいました。
突っ込みを隠して返事をすると、お互いの取引が忙しくてぜんぜん会えていない、休日も合わない、どうしたらすばらしい?と来ました。
日曜日の前日に泊まりに行くしか弱いんじゃない?としましたが、彼女は昼のデートがしたいみたいで泊まりはお断りそうです。
ラインをしているうちに、何が30代の異性なのか分からなくなってしまいました。
電話して意欲を伝えたら?に納得してくれましたが、30代の異性をしてない身に相談してはいけないよー、思ってしまいました。腸内環境サプリは、手軽に善玉菌が摂取できます

近々やってくる梅雨の機会に楽しみな箇所

降水が降ると、洗濯商品が外側に干せないですし、外出するときに靴が汚れてしまうので、気分的にうっとうしいなど、いやな感じが浮かびがちですよね。それでも身には、降水のときも楽しい気分になれることがあるんです。それは…我が家の軒下に、雨宿りにやってくるノラ猫のカタチです。前足をきれいにそろえて、背すじを堂々伸ばし、ちょこんと座って降水をやむのを待っているのです。その容姿を、窓のコアからそーっと眺めるのが私の楽しみで、見ているだけで癒されるし、日常のストレスから解放される時間になっています。猫にとっても、お気に入りの地域なのでしょうか、降水が降るたびにやってきては、やむのを気長に待っています。ただ、そこに座っているだけなのに、いわば「今日もしばしば降りますねぇ~」なんてつぶやいているみたいで。それを見ているだけで幸せな気分になります。そんなわけで、近々やってくる辛い梅雨が、今年もまったく楽しみです。のびのびスムージーの口コミを参考にしました

ボランティアしたいけどできない思い

先日、テレビを見ていましたら熊本で地震があったことを知りました。テロップで地震速報が流れたんですね。熊本や大分ではまだ地震が起きているというわけです。それからニュース番組を見ていると、テントの中の気温を計っていました。

それが30℃だというんですね。これからは暑さにも耐えないといけないんですね。避難所である体育館ではエアコンなどないですから大変です。それから食中毒も発生していたんですね。stockfoto_81043761_XS

お気の毒です。衛生面を良くするのは困難なんでしょう。なんとか助けたいと思いました。それでボランティアセンターの情報をインターネット上で調べました。

そうしたら県外とか市外からのボランティアは受け付けていないようなんです。だから対象外の人は寄付ぐらいしかできないですね。

一日も早く仮設住宅に移ればいいんでしょうけど、そうもいかないでしょうね。避難されている方が多いからしようがないんでしょうか。何とか良くできないものでしょうか。その日はそんな思いになりました。